「戦慄の記録 インパール」

広告
カテゴリー: ドキュメンタリー, 報道, 戦争, 政治 | コメントをどうぞ

ガダルカナル 繰り返された白兵突撃 ~北海道・旭川歩兵第28連隊

カテゴリー: 報道, 戦争, 政治 | コメントをどうぞ

ドゥーマの病院に居た医者と医学生が告白

2018年の4月、日曜日のことでした。
On the of April 2018, it was a Sunday.

あるビルの上階に爆弾が当たったため、負傷者がやってきました。
One building was hit in its upper floors so we received some wounded.

地下に居た人達は呼吸困難でした。
and there was suffocation cases of people who were in the basement.

我々は彼らの治療をはじめました。
so we started treating those cases,

その時、男がカメラを持って入ってきて「化学兵器攻撃だ」と言いました
then this guy with a camera comes in saying chemical attack.

それでパニックになって人々は水をかけ始めました
so there was a panic and they started washing the people with water.

でも医者達は「化学兵器攻撃のような物はなかった」と言っていました。
but the doctors were saying there is no chemical attack or anything of the sort.

私の名前は Khalil as-Jeish,、救急処置室で働いていた医学生です
My name is Khalil as-Jeish, medical student, O work in the ER in Douma hospital.

2018年の4月、救急処置室にけが人がやってきました。
On April 2018, the ER received a number of wounded.

ビルが爆撃を受け上階が崩壊したからです。
a building was bombed and the upper floors collapsed.

下の階では火災が発生していました。
and there was fire in the lower floors.

我々はけが人を救急処置室に運んでいました。
so the wounded were brought to the ER.

我々はけが人の治療をはじめました。
we treated the wounded.

煙や埃が原因で呼吸困難になっている患者が居ました。
and there were cases of suffocation due to smoke and dust.

我々は通常の方法で治療をしていました。
these were treated in the normal way.

その時男が入ってきて「化学兵器攻撃だ!」と言いました。
while we were doing that a man came in and said that it was chemical attack.

もし本当に化学兵器攻撃だったなら、病院で働いていた人達は化学兵器攻撃に対応した治療をしていたはずです。
this caused the people working there to deal with them as if they were victims of chemical attack.

子供を洗うなどして。
which led them to wash the children.

その日、我々は化学兵器攻撃が原因の患者を一人も見ませんでした。
knowing that on that day we didn’t receive any cases that fit with people that have suffered from a chemical attack.

this is me.

この子は煙が原因で喘息になっていたんだ。
this child already suffers from asthma the smoke inhalation cause her to have an attack.

元の動画。アラビア語。


カテゴリー: 報道, 戦争 | コメントをどうぞ

「これは訴権の乱用だ」〜橋下徹・元大阪府知事がたった1本の「リツイート」でIWJ代表・岩上安身を提訴!「言論の自由に対する挑戦であることは間違いない」自由報道協会主催記者会見

「これは訴権の乱用だ」〜橋下徹・元大阪府知事がたった1本の「リツイート」でIWJ代表・岩上安身を提訴!「言論の自由に対する挑戦であることは間違いない」自由報道協会主催記者会見

カテゴリー: インターネット, 警察・司法, 報道 | コメントをどうぞ

紛失した核爆弾

紛失した核爆弾

その1.1950年2月13日。アラスカからテキサスに向かうアメリカのB-36爆撃機の3つのエンジンが故障、降下してしまいました。そこで荷物を減らすために核出力30キロトンの核爆弾(マーク4)を投棄しました。その時マーク4の通常火薬は爆発して閃光と衝撃波を発生しましたが、ウラン化合物は紛失してしまって回収されませんでした。

その2と3.1956年3月10日。フロリダでMacDill空軍基地からB-47爆撃機で2つの核兵器のコアを運んでいる時に高度14500フィートの地中海の空中給油中に姿を消しました。飛行機と核兵器の残骸は見つかりませんでした。武器の種類は非公開であるがマーク15、3.4メガトンの水爆だったのではないかと推測されました。

その4と5.1961年1月24日。ノースカロライナの空軍基地から2つの24メガトンの水爆を運搬中のB-52が墜落しました。1つの核爆弾は湿地の農地に埋没してしまい、深さ50フィートにわかって探しましたがウランのコアは見つかりませんでした。USAFは、土地の上に掘るために政府の許可を必要とする永久地役権を買いました。

その6。1965年12月5日。空母タイコンデロガ上で1メガトンの水爆を積んだ A-4Eスカイホーク戦闘機が船のデッキから落ちて水深16000フィートの海底に水没してしまったので見つかりませんでした。15年後アメリカ海軍は事故があった事を認めましたが安全な場所から500マイルの場所で起こったと主張しましたが嘘でした。本当は空母がベトナム経由爆撃の後に横須賀、日本に回遊した時に琉球諸島から80マイルの場所で起こっていました。

その7と8.1968年の春。原子力潜水艦、スコーピオンが母港のノーフォーク基地に戻ろうとしていた時にアゾレス諸島の南西400マイル地点で原因不明の沈没をしてしまいます。99名の乗務員は行方不明。スコーピオンは形式不明の2個の核兵器を搭載していて、その他に250キロトン出力の核弾頭を搭載した対潜水艦用の魚雷も搭載していました。

http://mentalfloss.com/article/17483/8-nuclear-weapons-us-has-lost

カテゴリー: 戦争, 政治 | コメントをどうぞ

デビッド・ケイ(「表現の自由」国連特別報告者)

カテゴリー: 報道, 政治 | コメントをどうぞ

【シリア】偽の化学兵器攻撃?

Swedish Doctors for Human Rightsによると、シリアでホワイトヘルメットによる心臓注射によって子供が殺されているという。

問題のビデオ

Swedish Doctors for Human Rights: White Helmets Video, Macabre Manipulation of Dead Children and Staged Chemical Weapons Attack to Justify a “No-Fly Zone” in Syria
Swedish Medical Associations Says White Helmets Murdered Kids for Fake Gas Attack Videos

カテゴリー: 報道, 戦争 | コメントをどうぞ