イエメンに核攻撃


5月20日、イエメンのサナアにイスラエル軍が核攻撃を加えたとの映像と情報が飛び込んできました。その後現地メディアのアルマシラテレビなどのニュース映像から核攻撃のあった日付は5月11日という可能性が高くなりました。

元IAEA科学者はこれを中性子爆弾であると確認したようです。

Saudis Have Israel Nuke Yemen for Them

ゴードン・ダフ、ジェス・スミス著

イエメンから一つのビデオが送られてきた。それは2015年5月20日に撮影されたと考えられている爆発の映像で(この時点では20日と考えられていたが後の調査により11日であった可能性が濃厚になった)核兵器の専門家の調査によると非常に高い確率で中性子爆弾である可能性があるという事だった。中性子爆弾の攻撃はイスラエル軍だけ可能であると。

A. 2000ポンドの爆弾ではない。それよりもはるかに大きい。

B. それをMOAB(Massive Ordnance Air Blast bomb 大規模爆風爆弾兵器)でやろうとすると4000ポンド以上の爆弾が必要である。F-15やF-16戦闘機の最大積載量は2000ポンドであるのでMOABでこの爆発を引き起こすのは不可能である。

C. 大きさや色、閃光、火の玉の維持時間、巨大なキノコ雲からみてそれは小型の中性子爆弾である。CCDカメラには中性子線による引っかき傷のような白い閃光が確認されている。

もし放射線が強すぎればチップを焼いてしまうだろう。それは日本の福島原発に送り込んだカメラロボットで非常に問題になった事である。

D. この爆弾の運搬は、IDF F-16によって行われた可能性が高い。これはサウジの塗装が施されていた。彼らはもはや隠そうともしない。彼らはもはやIAEAが何も言わない事を知っている。これは本当の戦争犯罪だ。国連は無視している。ロシアや中国も何も言わない。

E. これはイエメンに落とされた2発目の核爆弾である。(未確認。二度目は無かった可能性もある)

【追伸】

A. この動画(一番上の動画)が撮影されたカメラの場所は衝撃波が来たタイミングから換算して爆心地から4-5マイル離れた場所で撮影されたと推測される。

B. サウジはF-16型の戦闘機を所有していない。
参照 サウジアラビア空軍 Wikipedia

爆弾を投下した戦闘機は、写真およびエンジンの音などからシングルエンジンのF-16タイプの戦闘機であると推測される。


以下のビデオは5月11日にアップされている。イエメンへの一度目の核攻撃の物ではないかと考えられている。二度目の攻撃があったのかどうかは確認が取れていない。

イエメンのAlmasirahテレビの5月11日ニュース映像

イエメンのAzaalテレビのニュース映像

シリアのAl ikhbariaテレビ

これは日付が11日の映像ですね

最初にちらっとアメリカ軍の大砲による核実験の様子が入っているけど、その後はイエメンのサナアですね。

これは5月12日にアップされている

6月にアップされているが同じ爆発の物と思われる。閃光が青い。


通常兵器では最大のMOABモアブ(Massive Ordnance Air Blast bomb 大規模爆風爆弾兵器)。上のイエメンでの爆発と比べると爆発が非常に小さく形も全く異なる。


Additional Confirmation of Yemen Nuclear Attack

標的はイエメン空軍基地でした。戦略核兵器によってイエメン空軍基地全体を乗っ取るのが目的でした。

編集者 ゴードン・ダフ、ジェフ・スミス、イアン・グリーンハシュ

今週二機のF-16戦闘機がイエメンで撃墜されました。破壊されたF-16を運搬する時にそれらの機体はアラブ連邦やサウジアラビアに供給されていた機体ではない事がわかりました。中東地域でその機体を買っていたのはイスラエルだけでした。今週二機のイスラエルの戦闘機が落ちました。それは真新しいサウジのマークが塗装されていました。それはイスラエルによってイエメン空軍基地を中性子爆弾(NRR  No Residual Radiation 残存放射能のない)によって攻撃した強い裏付けになり、イエメンは今イスラエルとの戦争状態になっているのが明確になりました。

サウジアラビア空軍

サウジアラビア軍の所有している航空機

F-15SA 84機
F-15S 68機
F-15C/D 80機
タイフーン戦闘機 42機
トーネドIDS 80機
ホーク練習機 30機
キングエア 6機
PAC 20機
PC-9 47機
SR-22 25機
A-340VIP輸送機 1機
A-330 3機
BAe125 4機
E-3管制機 5機
KE-3偵察機 9機
CN-235 4機
C-550 4機
ガルフ ストリーム 7機
C-130 30機
KC-130 12機
L-100 6機
MD-11 1機
Bell212 27機
Bell205 24機
UH-60M 74機(予定)
AS532 12機
AS365 24機
AS332 13機
AH-6l 36機(予定)
AH-64D 36機
S-70 2機


イエメン空軍はアラブのマークが塗られた戦闘機をサナアの北西地区で撃墜しました。それは今週撃墜された2機目の戦闘機でした。彼らはイエメン空軍の力を過小評価していました。サウジのF-16は撃墜された後サナアの北のBani HarithのBayt Khayranに墜落しました。

ロイヤル・サウジ・エアフォースの新しい塗装が施された撃墜された機体

5563989478c09


サウジの塗装が施されたイスラエル軍のF-16 A イエメンで撃墜された。中東地域ではイスラエルしかF-16を所有していない

日付が5月24日。撃ち落とされた時刻は2時15分頃。撃ち落とされる前にこのサウジの塗装がなされたF-16はイエメンの空軍を含む防衛省を空爆。沢山のF-16の残骸を住民やマスコミの人間が取り囲んでいた。

http://presstv.ir/Default/embed/412557

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中