原発事故避難者mikoさんの証言 the testimony of a Fukushima Evacuee

(文字起こし)
3.11福島原発事故で故郷いわき市から昨年1月に北九州市に自主避難してきました。今日は主に北九州市に来るまでの9ヶ月、私が見てきた事、体験した事、感じた事、そして今話ます。原発から42キロに住んでいました。いわき市は映画“フラガール”の舞台で気候は夏涼しく、冬は暖かく、東北なのに雪が積もらない所です。私はそこでピアノ教室の主催をして、夫はいわき市職員、子供二人と生徒たちに囲まれて毎日楽しい時間を過ごしていました。

さて3.11後、私達の生活は一変しました。いわき市の北の方は30キロ圏内だったのに、市長は“風評被害”という言葉を作り圏内から外しました。事故前は1時間あたり0.05マイクロシーベルトだった放射線量は、23マイクロシーベルト、460倍に。

当時長崎大学の山下俊一教授が「100ミリシーベルトまで安全だ」と大キャンペーンをテレビ、新聞、ラジオ、学校、講演会で行き渡った頃には学校で0.5マイクロシーベルト、通常の10倍でも「外の活動は安全だ」として行いました。

100ミリシーベルトが安全ですので、給食は当然、地産地消という事になり、私達は署名活動を根気よく続けて地産地消をすぐに止めさせました。尚、教育委員会が給食を食べない自由を認めたのは二学期になってからです。

ですから安全説を信じた人の子供達は、地産地消して給食を食べさせていました。先生や学校に言っても無駄でした。外の放射線量は同じではありません。10センチ違っても2.3マイクロシーベルト、5マイクロ、普段の40倍、100倍と様々です。私が疑問に思ったのは、市の職員、学校の教員が子供を守らなかったことです。

さて原発が爆発した時のことを話しましょう。3月11日の大地震での被害は、私の家は殆どありませんでした。ただいわき市の水道が20日間止まりました。水道が止まったので次の日給水車に2時間ほど子供と一緒に並びました。

この時3月12日、一回目の爆発がありました。後で測定データーを見ると23マイクロシーベルト、普段の460倍でした。この時「危ないから屋内退避しなさい」という広報車もなく、私達は爆発したことも知らず、2時間外に居ました。

日本は“安全”といってましたが、今現在、私達親子3人共に甲状腺に異常がありの血液検査の結果と息子には5ミリの嚢胞があります。今の報道を見ると甲状腺癌は生活習慣病になりました。たとえ癌になっても「自己負担で治せ」と言われ「放射能の影響」と国は言わないと思います。

私は子供達のホールボディーカウンターを事故後すぐに受けようとしました。しかしどこに問い合わせてみても受けられませんでした。東京まで行って受けてきた人が居ましたが「データーを渡してもらえない」と聞きました。私も何箇所か電話で確認しましたがデーターを渡してくれる所はありませんでした。

では甲状腺の血液検査と思い、電話しましたがいわき市内一斉に「甲状腺の検査はしない」と耳を疑う結果になりました。どこで被曝した証拠を残せるかと福島県に訊きましたが「ない」と回答されました。

私の主人はいわき市の職員です。「何かあったら一番に連絡があるはずだ」と主人は言ってましたが、結果は爆発後も知らされず、母子ともに外で被曝しました。又、私の主人、市職員は、放射能の知識はゼロですが国から与えられた文書を丸暗記するほど電話対応に追われていました。

事故から5ヶ月後、いわき市発表の放射線量は0.12でした。私が市役所からガイガーカウンターを借りて測ると、0.24から22.14。又、有志で土壌検査や選定した木の測定をしました。キログラム当たり20000ベクレルありました。

「行政は、私達を守らない」と主人と放射能の測定結果を見てそう感じました。例えば「水道水ND」と、いわき市のホームページで発表されています。それで「ストロンチウムや、プルトニウムの測定値を見たい」と公文書請求すると「市民が混乱する」という理由で詳細なデーターを出さず、ヨウ素とセシウム、NDの文書が渡されました。私達の無知につけ込んで本当に腹が立ちます。

私の避難の選択は、放射能をこらがるというよりは、行政、学校の対応と自分たちの目て見た測定値と家族に起こった体の異変で判断しました。

毎日続下痢、鼻血、口内炎、鼻の中のできもの。これらは原発事故後に家族友人に実際に起きた体の変化です。放射能の影響は癌だけではないと知ったのも後になってです。国の発表と事実は違う。国は明らかに法律違反を市民に強要しているのに、職員は国の言いなりにしか動きません。

文書公開制度すら“嘘にならない嘘”で市民を騙し、出させない、書かせない、時間を稼ぎます。学校は生徒児童を守らない。放射能に気をつける父兄を許さない。放射能をなるべく避けようと弁当にすると、他のクラスメートからいじめられ暴力を受けても、いじめた児童父兄を指導せず、放射能を怖がらないように私が指導を受けました。

私が避難を決意したのは、娘の登校拒否でした。放射能を予防することを周りの空気が許しませんした。私はそれでもいわきで暮らせる方法を沢山探し、行政に文書で色々請求しましたが、のらりくらりとかわされました。

年老いた両親とともに避難を説得しましたが「今更故郷から離れたくない」と言われ、夫は「安全」と、夫の母には「立場をわきまえなさい」と避難することを許してもらえませんでした。結局行政と格闘しながら悩み、私の両親から「子供を一番に考えなさい」と言われ、夫を捨て、年老いた両親を福島に残し北九州に避難しました。

今話したように報道と事実は違います。先日産廃の中間報告書を文書公開したら福岡県のある企業では、福島、茨城、山形、神奈川からも汚泥煤塵を受け入れ、北九がれき受け入れ以前から今も処理しています。

瓦礫受け入れ騒動の影でしくしくと放射性物質の焼却をバグフィルターのない状態で処分しています。PM2.5は中国からやってくると大キャンペーンを張られましたが本当にこのPMは中国産でしょうか。九州の産廃、セメント工場では福島の石炭の焼却灰を受け入れリサイクルしています。

北九州の公文書を見るとPM2.5は昨年4月に230を超え、他の月でも100超えがありました。このPMは、ここ九州産のPM2.5で間違いありません。これからは福島県民に起こったことが日本国民に起きます。それは、呼吸と食品からです。

先日も北九の“どんなまんま”という情報誌で大学の教授や講師、行政の職員は、福島と同じ手法で「放射のは安全」と言っていました。放射能が薄めて安全という一方で実際に福島では人が死んでいます。私の友人の甥が先日白血病になりました。私の従兄弟が昨年の5月に亡くなった次の日に友人の旦那様が亡くなりました。

私は何でもかんでも放射能のせいとは言いません。チェルノブイリの教訓があるだけです。国は認めません。でも私達は安全論、危険論、両方聞き、見た事、聞いた事で選ぶ権利があります。

私が今このような状況にあるのは、原発の危険性を知らなかったからです。放射能が消えない事を知らないで家の前を一人で除染し放射能を吸い込みました。今、福島には人が住んでいます。「どうせ私らモルモットだし、保障がないがないから逃げても貧乏。生活できない。今の生活レベルを落としたくない。国が安全と言っているから安全だっぺよ。死ぬ人多いね。でも何もできない。変わらない。やっても無駄。楽しいことだけ考える」と言いながら除染し、生活排水は汚泥となって高濃度の放射能廃棄物を毎日排出しています。

それが自分に返ってくる事実と向き合うことはありません。除染は無駄です。自分でやったので知っています。0.5マイクロシーベルトが0.2に下がり、二週間後には0.5マイクロシーベルトに戻ります。

大量の除染後の汚染土壌はどこへ行くのでしょうか。国が責任を持って処理をするという事は産廃に出すという事です。産廃に出したものはセメントや鍋になって全部自分に返ってきます。保養を否定しませんが根本的な救いにはなりません。

私は、測定、事実の公表、十分な保証を約束して福島県民に選んでもらうことが唯一の復興だと思っています。放射能は拡散せず福島に閉じ込める。「私の先祖の墓は福島原発から2キロの所にあります。どうぞおいてください」そう思っている福島県民は沢山居ますがその声は消されています。

実は今年の3月福島県の鮫川村で8000ベクレルの稲わらの焼却の実験炉の建設を止めに行きました。後一歩、書類の提出と記者会見を予定していましたが、何と反対していた本人に邪魔をされ止められませんでした。

反対派が賛成派であるのではないかということを私は体験いたしました。北九州の瓦礫反対運動の中でも公害防止協定書の締結の署名だけ。焼却炉周辺住民から頂いた署名40名分を渡して頂けませんでした。

本来あってはならない頂いた署名をシュレッダーにかけるなんていう事が起きてしまいました。しかも瓦礫焼却に反対していた自分たちの仲間が。北九で漁協の反対の最後の砦という話しを聞きましたが実際に公文書請求したら漁協からの反対声明分の提出は正式にありませんでした。明確に“反対”を書いてないのです。

瓦礫焼却されてからも反対派がテント村に集まっている頃、私は反対声明分を出してくれるように漁協にお願いして回りましたが会ってくださったのは二箇所だけでどちらも反対声明を出してくださいませんでした。

あの時どこか一つの漁協で反対声明文。焼却炉周辺住民の公害防止協定書の締結を求める声明文を出せれば、それらをさせないため数々の妨害を受け、私だけが陥れられました。反対運動の実態を見て福島が救われることは無理と絶望しました。

され、これからバグフィルターのほぼ100%セシウムを取るという嘘を通したように福島で“安全”といって全国に8000ベクレルの焼却炉建設。又、福島の森林を使ったバイオマス発電所が全国に建つのではないでしょうか。

国はお金持ちなのにテレビで考えることを止めさせ、殆ど嘘の報道で国民に一定の空気を作り、そこから漏れた人達を様々な運動で取り込み、私達が又もうっかり同じ方向を向くようにされています。

私の考える本当のつながりは、トップの言うことに従うのではなく、わからない事を教えあい一人一人の知識レベルを上げて事実の共有をして、それを身近な所に伝える。もし勇気があれば、企業行政が一番に抱き込む漁協、清掃工場や産廃、セメント工場の周辺住民に事実を伝える。

北九州が瓦礫受け入れの時に清掃工場周辺自治会長へお一人様説明会をしたように、私達も周辺住民にお一人様の勉強会をしていく事が子供達を守っていく事につながると思います。

私は報道に騙され、子供達を被曝させてしまいました。無知で上辺だけしか知らなかったので避難しても子供達を守ることはできませんでした。私にできる事は経験した事実を話すだけです。知って選んでくだい。できれば知って伝えてください。事実を見誤ってはいけません。勇気を持って自分で考えて行動すれば事実が見えるはずです。

私達の最後の砦は、本来は地方自治体です。地道に住民教育から始まり、知識を持った住民が教師、職員を教育していくしかありません。やっぱり面倒でも自分が動かないと自分の子供を守る事はできないことがわかりました。忙しくても美味しいごはんを作りながらできる事をできる範囲で続けていきます。

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 原発 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中