小児がん治療の晩期合併症

(文字おこし)
上野将人さん。小児がんの末期合併症に苦しみ去年夏、自ら命を断ちました。23歳でした。将人さんの父親の定人さんです。幼いころ克服したはずの小児がんが何故長い間息子を苦しめたのか。未だに気持ちの整理がついていません。

将人さんか小児がんとわかったのは1歳の時でした。「中々風邪が治らない」と父親が連れていった大学病院で神経のがん”神経芽腫”と診断されました。神経芽腫は当時2人に1人が亡くなると言われていました。命を救うために強い抗がん剤が複数投与されました。

上野定人さん(父親)「強い薬を使っているけれども、一時的に毛が抜けたり、あと色んな事あるけども、それはだんだん収まってきますからという事で、実際毛も生えてきたし「ああもう、これでおやりやな」と思ったんです」

治療から5年後、再発がなかった将人さんは“完治した”と診断され「もう治療の必要はない」と医師から告げられました。

小学生の時の将人さんです。運動好きで活発な男の子でした。しかし高学年の時体に異変が起き始めます。身長が伸びなくなってきたのです。”晩期合併症”でした。しかし本人も家族も治療の影響だとは考えてもいませんでした。

これまで明らかにされて来なかった“晩期合併症”国は去年初めて小児がんの経験者を追跡調査しました。その結果小児がんを経験した女性の50%、男性の64%に晩期合併症が現れていたのです。

ホルモン分泌の異常による低身長や不妊。放射線や抗癌剤の影響で起きる新たながん、二次がんなど、治療から10年以上経って複数の合併症に苦しんでいる例も数多くありました。

石田医師「治療終了してやっと治ったかなと思っていた人に10年後20年後こういうことが起こってくる可能性があるということは、医療従事者側でも中々わからない、想像出来なかったという面もあります」

いつ発症するかわからない晩期合併症。患者や家族は不安な思いを抱えています。

母親1「私自身がこの症状を普通の風邪ととっていいのか、元々から何か出てきたかと思ってものすごくあたふたしてしまったので」

母親2「今の先生がいつまで親身に診てくれるかと重って」

小児がん患者に必要なのは治療後、継続してケアしてくれる医療体制です。しかし安心できる体制は整っていません。

知らずに背負っていた治療後の代償。晩期合併症は将人さんの人生に影を落としていきます。定時制高校に入学した将人さんは自立するため仕事を探しました。しかし子供のような外見からアルバイトすら中々見つかりません。

将来が見えなくなっていた将人さんは、ある夢を抱きます。それはお笑い芸人になることでした。人より低い身長が逆に武器になる。将人さんは、お笑い芸人の養成所に入り勉強を始めました。お笑いで生きていけると手応えを感じ始めた19歳の時、将人さんは白血病を発症します。1歳の時に受けた抗癌剤治療の影響で18年後再び晩期合併症が現れたのです。治療を始めた将人さんはベッドの上で家族にこう語ったと言います。

「僕は入れ込んだらあかんのや。仕事だって夢を追ったって必ず病気が邪魔してくる」

骨髄移植によって白血病の治療はうまくいきました。しかし副作用に苦しみ「相方にも迷惑をかけられない」とお笑いの夢を諦めました。その後自分の治療費を稼ごうとアルバイトを探しましたが病気を抱えた将人さんを受け入れるところはありませんでした。去年8月、将人さんは部屋で自らの命を断ちました。遺書には「これ以上家族に負担を掛けたくない」と記されていました。

亡くなる前将人さんはパソコンの中に文章を残していました。

「小さい時は気づかなかった。地球からまっすぐロケットでみんなは飛んでいく。僕は出発するときに角度が少しずれちゃったんだ。進めば進むほどみんなとの距離は離れる。不公平だよ。ずれたのは僕のせいじゃないのに」

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 医療の犯罪 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中