復興予算でエロ本を電子化していたことが判明

東日本大震災の復興関連事業として、出版社が電子書籍として発売する印刷物のデジタルデーター化を国が補助する「コンテンツ緊急電子化事業(緊デジ)」で成人向け書籍やグラビア写真集など100冊以上が補助対象に含まれていることが30日わかった。

事業費の半分に当たる10億円は復興予算で賄われ出版関係者から「公金の使い道としてふさわしくない」と批判の声が出ている。

緊デジは、東北でのデジタルデーター化作業による雇用創出や被災地からの情報発信の促進を想定した事業。出版社などが出資する社団法人「日本出版インフラセンター」(JPO、東京)が受託し2012年度に実施された。

出版社がJPOに電子化したい書籍を申請し、国が原則として費用の半額を補助する。460社が申請し、印刷、IT関連など30社がデジタル化作業に当たった。JPOは対象となった64833冊のタイトルの一覧表をホームページで公開している。

この中には「極上の快感エロス&H」「強精捜査!」「軽井沢絶頂夫人」など過激な性表現の入った本や女優からの写真集とみられる書名が計100冊以上ある。

ちなみに対象とする書籍は図書寄贈にふさわしい書籍と定められているそうです。

電子書籍に詳しい首都圏の出版関係者は「経産省と出版業界が電子化事業に復興予算を利用しただけ」事業目的とかけ離れた結果にあんるのは当然だ」と批判。

仙台市で出版社を経営する男性は「成人向け書籍自体に罪はないが、そんな本の電子化に復興予算を使う必要は全くない。被災地を馬鹿にしている」と憤っている。

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 報道 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中