若者の死因のトップは”自殺” 先進国中で日本だけ

アメリカはドイツなど先進国の中で日本だけが若い世代での死因のトップが自殺であることがわかりました。2014年版の自殺対策白書によりますと、日本の自殺者数は二年連続で3万人を切り減少傾向が続いています。しかし15歳から34歳の若い世代では男女ともに死因のトップが自殺となっています。若い世代で死因のトップが自殺なのはアメリカやドイツなど先進7カ国の中で日本だけです。人口10万人あたり20人にのぼり2番目に多いカナダの12.1人を大きく上回っています。政府は今年度もおよそ360億年を自殺回避の対策に当てています。


2014年5月25日、京急線の横浜駅の人身事故。

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 報道 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中