香港デモ 学生らと警察側が断続的に衝突 少なくとも40人逮捕(14/12/01)

香港で民主的な選挙を求めて二ヶ月以上続いているデモは昨夜再び警察側と衝突が発生しました。道路の占拠は主にこの3つの拠点で行われてきました。このうち繁華街の旺角(モンコック)では先週裁判所の命令によって強制撤去が行われました。現在も残っているこの2つの拠点の内最大拠点の金鐘(アドミラリティ)が焦点です。学生らは政府庁舎の南側の大通りを中心に占拠を続けてきましたが昨夜は政府庁舎自体を取り囲んで警察側と衝突し少なくとも40人が逮捕されました。ではこの場所政府庁舎からあまの記者がお伝えします。

香港政府庁舎前です。学生らの最大拠点となっているこの地区では、現在も散発的に警察との衝突が続いています。そして政府庁舎に通じるエスカレーターには今朝まにであたらにバリケードが設置され職員が出勤できない状態となっています。昨夜数千規模の集会を開いて学生らはその後政府庁舎を取り囲み断続的に警察と衝突、これまでに少なくとも40人が逮捕されています。昨夜の集会で学生らは「非暴力は堅持する」とは訴えていたものの一部の参加者はヘルメットをかぶり鉄の棒で警察を攻撃する様子も見受けられました。学生らが過激な行動に出た背景には抗議活動の行き詰まりがあります。2ヶ月以上選挙制度の見直しの声を上げ続けても香港政府は妥協する姿勢を一切見せず、道路を塞ぎ続ける行動に対する市民の不満も高まっています。打つ手がない学生らは一部が過激な行動に出た形ですがそれは警察に強制排除の口実を与えたとも言えます。先ほどこの近くにある中国人民解放軍の基地内で火災がありました。デモとの関連は不明です。

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 香港民主化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中