ふとんで年越しプロジェクト with 大西 連

あけましておめでとうございます。ふとんで年越しプロジェクト2014呼びかけ人の大西連です。今日は1月5日でして、12月27日から1月5日、朝の8時半まで閉庁期間といって年末年始、福祉事務所という公的な窓口がお休みになってしまうということで生活に困ったりお家を失ってしまっても相談する場所がないということで各地で様々な活動が行われるんですが私達は都内の新宿、渋谷、池袋、山谷、その他の各地域と連携してシェルターを提供するという活動を行っていました。

シェルター利用者は約30人いらっしゃいました。非常に多くて前回より10人以上多い方を支援したということでかなりてんやわんやだったんですが今回の特徴としては非常に女性が多かったです。女性の方で住まいを失って困窮している方と多くつながることができました。それから二割以上の方が知的障害をお持ちでした。それから精神疾患、精神障害等とお持ちの方も3人に1人以上居るなど本来であれば路上に居ないはずの様々な福祉政策で支えられているはずの人が色んな事情があって路上に出ている路上に取り残されている実態というのが明らかになりました。

それからこれは昨年同様なんですがネットカフェで寝泊まりしながら働いているとか日雇いの派遣をして何とか食いつないでいるけどこの時期、年末年始の時期仕事がなくなって生活できないというような不安定な就労と不安定な住まいの生活をしている方っていうのが非常の多く居るわけですね、彼らは年明け後に仕事に戻っていくとか様々な形で色んな支援ができたなという風には思っています。

ただ今回は30名近くの方を支える事ができたかなと思う一方でまだまだ僕達がつながられている人っていうのはごく少数だろうと、氷山の一角でしかないという風に思っています。国に対して、また自治体東京都に対しても毎回要望というか年末年始の対策を取って欲しいという事を言っているんですが今後も働きかけというのをやっていきたいなと。ここで見えてきた実態という物をきちんと分析して政策提言につなげていきたいなという風に思っています。最後になりますが今回30名近くの方を支えられたのもひとえに多くの人からの寄付を頂けたからだと。クラウドファウンディング、当初の予定よりも倍近くのご支援をいただけましてこちらて予定していた以上の規模を広げられた。それも皆様のご協力ご支援があっての賜物だと思いますので感謝したいと思います。どうもありがとうございました。

特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: ホームレス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中