追加情報 イスラエル軍によるイエメンへの核攻撃


Additional Confirmation of Yemen Nuclear Attack

標的はイエメン空軍基地でした。戦略核兵器によってイエメン空軍基地全体を乗っ取るのが目的でした。

編集者 ゴードン・ダフ、ジェフ・スミス、イアン・グリーンハシュ

今週二機のF-16戦闘機がイエメンで撃墜されました。破壊されたF-16を運搬する時にそれらの機体はアラブ連邦やサウジアラビアに供給されていた機体ではない事がわかりました。中東地域でその機体を買っていたのはイスラエルだけでした。今週二機のイスラエルの戦闘機が落ちました。それは真新しいサウジのマークが塗装されていました。それはイスラエルによってイエメン空軍基地を中性子爆弾(NRR  No Residual Radiation 残存放射能のない)によって攻撃した強い裏付けになり、イエメンは今イスラエルとの戦争状態になっているのが明確になりました。

サウジアラビア空軍

サウジアラビア軍の所有している航空機

F-15SA 84機
F-15S 68機
F-15C/D 80機
タイフーン戦闘機 42機
トーネドIDS 80機
ホーク練習機 30機
キングエア 6機
PAC 20機
PC-9 47機
SR-22 25機
A-340VIP輸送機 1機
A-330 3機
BAe125 4機
E-3管制機 5機
KE-3偵察機 9機
CN-235 4機
C-550 4機
ガルフ ストリーム 7機
C-130 30機
KC-130 12機
L-100 6機
MD-11 1機
Bell212 27機
Bell205 24機
UH-60M 74機(予定)
AS532 12機
AS365 24機
AS332 13機
AH-6l 36機(予定)
AH-64D 36機
S-70 2機


イエメン空軍はアラブのマークが塗られた戦闘機をサナアの北西地区で撃墜しました。それは今週撃墜された2機目の戦闘機でした。彼らはイエメン空軍の力を過小評価していました。サウジのF-16は撃墜された後サナアの北のBani HarithのBayt Khayranに墜落しました。

ロイヤル・サウジ・エアフォースの新しい塗装が施された撃墜された機体

5563989478c09


サウジの塗装が施されたイスラエル軍のF-16 A イエメンで撃墜された。中東地域ではイスラエルしかF-16を所有していない

日付が5月24日。撃ち落とされた時刻は2時15分頃。撃ち落とされる前にこのサウジの塗装がなされたF-16はイエメンの空軍を含む防衛省を空爆。沢山のF-16の残骸を住民やマスコミの人間が取り囲んでいた。

http://presstv.ir/Default/embed/412557

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 報道, 戦争 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中