アレッポの血みどろ少年 捏造疑惑

大手メディアの報道では、アサド政府軍による空爆で負傷したアレッポの少年という報道がなされ世界中の新聞や雑誌にシリア戦争の象徴としてその写真が使われた。最初のシーンでは瓦礫の中からホコリまみれの少年が抱きかかえられて、救急車の椅子に座らされるシーン。ここでは少年の姉の姿はない。シーンが切り替わって2に目の子供が救急車に搬入されるが、画面の向かって右に少年の姉が座っている。アサド大統領によると、最初のシーンとホワイトヘルメット達に救出されたという2つ目のシーンは別々の出来事で、あたかも同じ日に撮影されたように作った捏造であるという話をしている。

これがアサド大統領が話していた。姉と一緒の写真。

アサド大統領のインタビュー

アサド大統領の話(原文)
There’s something I would like to say to you first of all,” Assad told journalist Sandro Brotz. “I want you to go back after my interview and go to the Internet to see the same picture of the same child with his sister, both were rescued by what they call them in the West, White Helmets.

“They were rescued twice, each one in different incidents and just as part of the publicity of those White Helmets. None of these incidents were true,” the president said.

同じ少年の写真。元々瓦礫の中に埋まっていたのではなくて、怪我はしていたけど、埃はぶっていなかったという。

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 報道, 戦争 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中