イエメンの子供たちの危機

,イエメンの子供たちは危機にひんしています、少なくとも3人の子供たちが毎日殺されています。1000人以上の11ヶ月未満の赤ん坊が殺され、2000人以上が負傷しています。その多くが、サウジの空爆ミサイルのよって自宅で被害にあっています。イエメンは、シリアに次いで爆弾被害の犠牲者が最も多い国です。子供たちは毎日恐怖に怯えています。

これがイエメンの見捨てられた子供たちです。学校にも行けないし、他の子供とも遊べません。自宅に居てさえもサウジの戦闘機による爆撃の恐怖に怯えながら過ごさねばなりません。爆発の衝撃は体の小さい子供たちにとって非常に致命的です。しばしば特別な手術や治療が必要になります。しかしそのようなケースでも病院さえも爆撃の標的にされてしまいます。サウジとイエメンの戦争はすぐに終わりません。子供たちは爆撃や銃撃で傷つけられています。十分な栄養を吸収できる食事もありません。安全な飲料水や食料を手に入れる事さえできません。南部の地域には熱病が蔓延しています。

広告

skashima について

Nest of pigeons
カテゴリー: 報道, 戦争, 政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中